お肌の話一覧

化粧品の「肌の奥深くまで浸透」はどこまで?本当はもっと奥まで届いてるよね?

化粧品の「肌の奥深くまで浸透」。薬機法によりどのメーカーも「角質層まで」と書いていますが、本当に角質層までしか届かないのでしょうか?私個人の考えとしては、真皮まではよく分かりませんが、少なくとも基底層までは届いているような気がしています。その根拠も合せて書きました。

オーガニックコスメの欠点と注意点

オーガニックコスメというとイメージは良いのですが、無農薬で育てられた植物エキスだけで作られているわけではありません。 化学物質が入っていることもありますし、使われている植物そのものが合わない人もいるでしょう。 「オーガニック」=「安心だから買う!」となる前に、オーガニック化粧品の欠点や注意点を知っていただけたらと思います。

「無添加化粧品」は本当に安全?言葉のマジックには要注意!

「無添加化粧品」と書いてあるだけで、なんかとてもお肌に良さそうなイメージがあります。 でも実は「キャリーオーバー」の存在により、特にアレルギー肌の人にとっては好ましくない成分が表記されないまま含まれている可能性があります。 「無添加」が悪いわけではないのですが、必要以上にその言葉を過信しないよう、無添加の本当の意味を知っていただきたいと思います。

シミを作らせたくないのか?薄くしたいのか?シミに効く成分は目的別に違う

一言で「美白」「シミ対策」といっても、シミを消したいのか、シミを作らないように予防したいのか、くすみを取って白い肌にしたいのか、人によって求めることは違います。そして化粧品は、全部に対して抜群の効果を発揮するのが難しいので、顧客側が賢く選択していくしかありません。

ランキングで見る、年代別のお肌の悩みとスキンケアのワンポイント

10代~60代までの年代別、お肌の悩みランキングです。各年代の肌トラブルの特徴や原因、年齢に合ったスキンケア方法などをまとめました。この先の年代を知ることで今後のトラブルを予想し、今から適切なケアをしていつまでも若々しくいられるよう、参考にしていただければと思います。