若々しく元気な身体に必須!酵素の種類と働き

酵素は身体に良い!

ということを知っている人は多いと思います。
実際に健康食品やサプリメントなどでたくさんの酵素商品が販売されていますよね。

でも酵素とはいったい何者で、何に効果があるのか?何の役目をしているのか?と聞かれると、答えられる人はそう多くないかもしれません。

今回は「酵素の働き」と「酵素の種類」についてのお話になります。

スポンサーリンク

酵素とは

人間が生きていくためには常に体内での化学反応(消化、吸収、代謝など)が必要になりますが、それを支える(触媒として働く)のが体内で生成される「酵素」というたんぱく質です。
息をするのも筋肉を動かすのも排泄も、ほとんどの生命活動には酵素が必要で、酵素が無くなってしまうと生きていくことができなくなります。

人間の体内には3000種類以上もの酵素があると言われていますが、酵素一つ一つに特徴があり、働きが違います。
言い換えると、1つの酵素は1つの働きしかできません。

酵素の種類

大きく分けると、元々体内にある体内酵素(潜在酵素)の「消化酵素」「代謝酵素」と、体外から摂取する「食物酵素」の三種類に分けられます。

●消化酵素(食物の消化)
消化器官で分泌され、食べたものを消化するので、吸収に必要不可欠
消化された栄養素は、代謝酵素を作るための材料になる

●代謝酵素(生命活動)
吸収された栄養分をエネルギーに変え、呼吸や排せつなどの生命活動に関わり、自然治癒力を高めて丈夫な身体を維持する

●食物酵素
生の食品、発酵食品などから摂取できる酵素
その食べ物自体を自分で消化し、潜在酵素である消化酵素を無駄遣いさせないので、体内の酵素が減ることを防ぐという補助的存在
体内の酵素を増やすわけではなく、本来なら使われてしまうはずだった消化酵素を使わせないで済むということです
48度以上で壊れてしまうため、加熱した食品にはほとんど含まれない

酵素は年齢と共にどんどん減ってしまう

体内酵素は加齢と共に減り、40代では20代の生成量の約半分、60代では約1/3になってしまいます。
そして、人間が一生に作ることのできる酵素の量には限りがあると言われています。

ですから、消化に悪いものを食べ続けたり暴飲暴食したりすることによって消化酵素を大量消費してしまうと代謝酵素(生命活動に関わる)が足りなくなり、身体への不調が出てきやすくなります。

消化酵素の消費は色々な方法で多少なりとも抑えることができますので、抑えられるところは抑え、できれば代謝酵素の働きに使ってほしいところです。
なにしろ有限ですからね・・・^^;

酵素を多く含む食品と摂取効率アップの方法

酵素を多く含む食品

  • 発酵食品
  • 大豆食品
  • 大根
  • トマト
  • キャベツ
  • きゅうり
  • りんご
  • アボカド
  • 青パパイヤ
  • キウイ
  • パイナップル
  • バナナ
  • アボカド

※赤文字は特に酵素の多い食品です
また、納豆は発酵食品であり大豆食品でもあり、酵素の多い食品になります
※48度以上の加熱で、酵素は壊れてしまいます

酵素の効率良い摂取方法

  • すりおろす
  • 皮ごと食べる
  • 生で食べる

すりおろすことによって破れた細胞膜の中から酵素が出るので、お勧めの方法です。
皮や皮付近には酵素だけではなく他の栄養素も豊富に含まれていますので、できれば皮ごとすりおろすとさらに効果が上がります。
でも農薬の問題もあるので、無農薬の野菜や果物にするか、念入りに洗ってくださいね。
おろし金は金属製を使った方が細胞膜が破れやすいので、よりたくさんの酵素が摂取できます。

とはいっても、毎回すりおろすのは大変ですよね。
上記の方法なら最高効率が得られるとは思いますが、こういうことは毎日続けるのが大切なので、途中で挫折してしまっては意味がありません。

そういう意味では、スムージーもお勧めです。

すりおろしたりスムージーにしたら出来立てが一番酵素の多い状態ですので、すぐに摂取するのが良いでしょう。

食物酵素は酸に弱い?

膨大な種類のある酵素ですが、主に口腔、胃、小腸、膵臓からそれぞれの酵素が分泌されています。

口径摂取する食物酵素は一部を除くと基本的に酸に弱いため、胃を通過中に胃酸で活動が休止してしまうことも多いので、ちょっと頼りないところもあります。(通過した後は徐々に活力を取り戻すとも言われています)

ところが、発酵食品を作るために使われる酵母」や「麹菌」は、酸に強いのです
日本は発酵食品の多い国。
塩分には気を付けなくてはいけませんが、毎日できるだけ発酵食品を摂り入れたいですね。

まとめ

今日の記事のポイント
・酵素は大きく分けて「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の三種類がある
・酵素の産生は加齢と共に減り、一生にうちに使える量が決まっている
・酵素は48度の熱で消失してしまう
・食物酵素で、発酵食品以外のほとんどの酵素は酸(胃酸)に弱い
・野菜や果物から摂取する時は、すりおろした方が摂取効率が良い