ランキングで見る、年代別のお肌の悩みとスキンケアのワンポイント

女性のお肌の悩みは、10代の頃から尽きないですよね・・・
美しくありたいという気持ちが強いほどあちこちが気になって悩むことになるのですが、その悩みの内容は、歳と共に変わっていきます。
他の自分と同じ年代の人たちはどんなことに悩んでるのだろう?と、ちょっと気になったりしませんか?

体質や環境や生活習慣などの個人差はありますが、加齢による人間共通の流れというものもあります。
過去の自分を振り返りつつ、自分は将来どんなことで悩むことになるのか、そのためには今後どんなケアをしていけばいいのか?という参考になればと思い、年代別お肌の悩みランキングをご紹介します。

※ケアの方法は一般的なものであり、全ての方に当てはまるとは限りません

10代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位ニキビ
2位毛穴の開き
3位そばかす
4位ベタつき
5位乾燥
6位シミ
7位目の下のクマ

ホルモンの分泌量、皮脂の分泌量が増える時期です。
ニキビやベタつきに悩む人が多い年代です。

一番やらなくてはいけないのは、しっかりと洗顔で増えすぎた皮脂を洗い流し、清潔なお肌を保つこと。
余計な皮脂が多すぎると、毛穴の広がりや黒ずみの原因にも繋がっていきます。

10代というのはどうしてもニキビができやすく、そこまでは仕方ないのですが、あまりにもケアを怠ったり強引に潰すようなことがあると、10年後にはシミや毛穴の凸凹で悩むことになるかもしれません。

生まれつき、または小さい頃からそばかすのある人は、10代後半あたりで消えることもあります。
でも遺伝でそばかすのある人は元々色白で、シミができやすい体質の人が多いのです。
遺伝性のそばかすが消えたとしても新たなシミ・そばかすができてしまう可能性が高いので、周りの同年代たちがまだ紫外線対策をせずに好き放題日焼けをしていたとしても、まだ若いからと安心せず、しっかりと紫外線対策をしてください。

20代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位乾燥
2位毛穴
3位ニキビ
4位シミ
5位そばかす
6位目の下のクマ
7位シワ

ホルモンの分泌量がバランス良く安定し、最も女らしく綺麗なお肌でいられる年代ですが、20代半ば以降、静かに細胞レベルの老化が始まっていきます。
まだアンチエイジングケアに必死になる必要はないと思いますが、スキンケアの基本中の基本、「洗顔」「保湿」「紫外線対策」の癖はつけておきたいところです。
ケアをしなくても老化や劣化はそれほど気にならないかもしれないですけど、30代でも若々しく綺麗な有名人の顔を思い浮かべながら、10年後に自分もそうであれるよう綺麗な大人への基盤作りの時期だと思って、基本だけはサボらないでください。

流行りの美容成分を含んだサプリメントや化粧品には、あまり効果を感じられないかもしれないです。
20代はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが正常に産生されています。
もしお肌に老化のような気配があるとすれば、食事・睡眠・喫煙・過度なダイエット、ストレスや病気などが原因の可能性も高いですので、サプリメントや化粧品に頼ることだけ考えず、まずは生活習慣を振り返ってみてください。

30代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位シミ
2位乾燥
3位毛穴
4位肌のハリ
5位シワ
6位そばかす
7位ニキビ

皮脂分泌過多によるニキビやベタつきはおさまりますが、肌老化を体感してしまう年代に突入です。
新陳代謝が徐々に悪くなりターンオーバーが遅くなるので、シミやシワの悩みが増えます。
コラーゲンやエラスチンなどの生産も少なくなってくるので、まだたるみまではいかなくても、ハリが失われていきます。

30代からは肌質や体質が変わる人も多いようなので、今までの化粧品を一度見直す時期かもしれません。
肌質が季節によって左右されやすくなってきますので、1年中同じ化粧品を使うのではなく、冬用・夏用などと使い分けるのも効果的です。

20代と同じく「洗顔」「保湿」「紫外線対策」が基本のケアになりますが、週に1度のスペシャルパックなど今までよりひと手間かけたケアで、肌老化を少しでも食い止めたいところですね。

40代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位シミ
2位シワ
3位たるみ
4位くすみ
5位乾燥
6位毛穴
7位そばかす

加齢により、コラーゲンやエラスチンの生産が急激に減少します。
そのことによるたるみ・くすみ・シワに加え、ターンオーバーの遅さも影響し、シミに悩む人が多くなります。
40代半ば以降は更年期に入り女性ホルモンが減ってしまいますので、今までは気にしていなかった肌トラブルが、新たな悩みに加わることも。

体内で作られる、若々しさを保つ成分の不足が深刻になってくるので、それを補助するサプリメントにも効果を感じられるようになってくるのではないでしょうか。
保湿に関して、30代くらいまでなら皮膚科でもらうような無添加の保湿剤でもいいのですが、40代からは美容成分が配合された保湿化粧品で保湿するのが望ましいです。(敏感肌・アレルギー肌などは除く)
深いシワの基礎が作られる年代ですので、その原因となる「乾燥」「紫外線」はぜひとも対策しておいてください。
また食事や栄養食品なども、抗酸化作用の強い成分を積極的に摂るように心掛けてみましょう。

50代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位シワ
2位シミ
3位たるみ
4位くすみ
5位乾燥
6位毛穴
7位そばかす

50代になると、初めてシワのお悩みがトップになります。
順位だけ見ると40代とさほど変化がないのですが、パーセンテージでいうと、50代から一気にシワで悩む人が多くなります。
毛穴・そばかす・乾燥が下位に沈んでいるのは、そのお悩みが解消されているからではありません。
シワ・シミ・たるみのお悩みが増えすぎて、それどころじゃなくなったという感じでしょうか^^;

若い頃は元々の肌質がものをいいますが、この年代になると今まで「洗顔」「保湿」「紫外線対策」をどれだけきちんとしてきたかにより、お肌の状態に大きく差が付きます。
加齢による衰えは仕方ないのですが、肌老化の原因の80%は紫外線によるダメージですから、紫外線対策をしているかしていないかで、全然違うということになりますね。
基礎化粧品だけではなく、洗顔石鹸やファンデーションにも美容成分の入っているものがお勧めです。

40代から50代にかけては環境の変化も多く、更年期でもあり、それらによるストレスも激増します。
趣味やストレス解消法を見つけるなど、精神的な面でも健やかであることが若々しさと美を保つ秘訣でもあります。

60代のお肌の悩みと、特徴・対策

1位シワ
2位シミ
3位たるみ
4位くすみ
5位乾燥
6位毛穴
7位そばかす

50代のランキングと順位は全く同じですが、シワの割合がさらに飛び抜けて高くなります。
ターンオーバーがどんどん遅くなるのでトラブルが元に戻りにくくなりますから、これまでのケアでかなり左右されます。

若い時と同じく、ひたすら「洗顔」「保湿」「紫外線対策」あるのみです。
「もう歳だから・・・」などと諦めず、マイナス10歳肌を目指しましょう!
若い頃は元々顔の造作が良い人(美人)が美しいと思われがちですが、50代以降は顔の造作より肌の綺麗さがその人の生き方を映してるようで、美しく見せると思います。
女優さんなどを見ていると、そう思いませんか?
消えないシワやたるみができても諦めず、さらに70代を見据えてコツコツとケアしていきましょう。

(順位参考:とりい皮膚科クリニック、東京イセアクリニック)